【新馬戦】末脚抜群のダノンロマンがデビュー勝ち!!【2016年12月3日】

競馬サイト

【馬名】  ダノンロマン(牡2)

【日時】  12月3日(土)

【レース】 阪神5R 芝2000m

【期待度】 ★☆☆☆☆☆☆ 【500万級】

【適正距離】1800m~2400m

【適正】  芝

【父馬】  ディープインパクト

【母馬】  イマーキュレイトキャット

【調教師】 藤原英昭(栗東)

【短評】

7頭の少頭数戦だったので揉まれる競馬などの厳しい展開にはならなかったので評価的には難しいところがあります。厳しい流れでは無くゆったりとした流れだったので余裕の展開にも見えました。まだまだ力は出せていないので余裕がある印象でしたが次走が試金石となるレースになるでしょう。

 

 

こんにちは、新馬を斬る!虎徹です。

 

 

レースの総評としては、ゲートの出はゆっくりでスロースタートでしたが出走メンバーのほとんどそうだったのでスタートの悪さが目立ちませんでした。道中は内側の4番手で追走していましたが、しっかり折り合いはついていました。3コーナー付近から川田騎手の手は動いていましたがなかなか加速しませんでした。直線半ばあたりで加速すると最後は2着馬に1.1/4馬身差をつける競馬でデビュー戦を勝利で飾りました。勝ち時計は2:05.0でした。

 

 

ディープインパクト産駒らしい馬格の良い馬でしたが、若干太目残りながら438㎏と牡馬としてはやや小柄な馬体ではないでしょうか。少頭数戦でさらにスローペースとかなり競馬のしやすい展開となりましたが、最後の直線では鮮やかな差し切り勝ちを収めました。産駒も産駒ですしレース映像的にはインパクトがあったので次走以降も注目しそうです。

 

 

ただ時計面を見る限りではかなり遅いので★の高い評価は出来ません。最後の末脚は評価していますが、メンバーもスタートからフラフラの馬もいれば途中で1頭が落馬したので7頭よりもさらに少ないメンバーでの競馬でした。力関係もあまりわからなかったので評価っは正直言うと出来ません。次走でどのような競馬をするか見極めたいです。その他のメンバーも未勝利戦では厳しいレースになるのではないでしょうか。


PAGE TOP