【新馬戦】他馬を寄せ付けない強さでダイワドノヴァンがデビュー勝ち!!【2016年12月17日】

競馬サイト

【馬名】  ダイワドノヴァン(牡2)

【日時】  12月17日(土)

【レース】 中山6R ダート1800m

【期待度】 ★★★☆☆☆☆ 【1600万級】

【適正距離】1600m~2000m

【適正】  ダート

【父馬】  ダイワメジャー

【母馬】  エールスタンス

【調教師】 池上昌弘(美浦)

【短評】

534㎏とかなり大きな馬体でしたがまだまだ太目残りだったので500㎏前後がベスト体重なのではないでしょうか。スタート事体も遅かったのですが、流れが遅い展開になったのでそこまでマイナスにはならない競馬でした。レース内容は余裕があり強さもありましたが、メンバーレベルの低さも感じたので次走が試金石となりそうです。

 

 

こんにちは、新馬を斬る!虎徹です。

 

 

レースの総評としては、ゲートの出があまり良くなくスタートが他馬と比べると少し遅いスタートになりましたが、二の足が早くペースもそこまで早くならなかったので先団の外目を獲得しました。道中は2番手で追走していきましたが、3コーナー過ぎにはすんなり先頭に立つと抜群の手応えで直線に侵入しました。直線ではアドバンテージをしっかり守りながら後続が詰め事が出来なかったので強い内容での勝利でした。勝ち時計は1:57.5でした。

 

 

ゲート出はあまり良くありませんでしたが、前半1000mの通過タイムが1:05.2という遅い流れでの競馬だったので出遅れが響くことがありませんでした。行きっぷりも良くすんなり先団付近に取りつくとリズムを屑ことなく追走していたので遅い流れでもしっかり対応していました。3コーナー付近では我慢できずに先頭に立ちましたが、行きたがってるのではなく自分のリズムで走っていたのでそこまで問題視する必要はなさそうです。最後の直線ではアドバンテージが詰められることはなく、他馬を置き去りにした勝利だったので非常に派手な競馬でした。

 

 

内容的には非常に良かったでのですが、走破時計はそこまで早くありませんでしたし、上りタイムも掛かっているので時計面では強いとは言えません。メンバーレベルもそこまで高くなかったので次走以降の走りを見て決めたいです。


PAGE TOP