【新馬戦】直線であっさり抜け出したスリーミスヨハネスがデビュー勝ち!!【2016年12月17日】

競馬サイト

【馬名】  スリーミスヨハネス(牝2)

【日時】  12月17日(土)

【レース】 中京5R ダート1800m

【期待度】 ★☆☆☆☆☆☆ 【500万級】

【適正距離】1600m~2000m

【適正】  ダート

【父馬】  ヨハネスブルグ

【母馬】  ラビアンローズ

【調教師】 加藤敬二(栗東)

【短評】

パドックからやや落ち着きがなく438㎏で少し見栄えにも劣る馬体でした。ゲートの出は下手でしたがスローな展開が唯一の助けでした。時計や上りのタイムを見ても時計は掛かっていますしメンバーレベルも低かったので評価としては難しいです。昇級しても難しい1戦ではないでしょうか。

 

 

こんにちは、新馬を斬る!虎徹です。

 

 

レースの総評としては、ゲート出はあまり良くありませんでしたが行き脚が良かったの好位に取りつくことが出来ました。道中は2~3番手の外目を追走しました。1000mの通過タイムが1:07.4でスローな展開でしたが、折り合いを欠くことなくスムーズな競馬をしていました。4コーナーから動き出していましたが、直線並ぶ間もなくあっさり抜け出しました。勝ち時計は1:58.5でした。

 

 

ゲートの出があまり良くなく後ろからのスタートになるかと考えていましたが、結果的には前半1000mのペースが1:07.4というスローな展開だったので出遅れた分はここで取り返えせたのではないでしょうか。道中はリズム良く走っていましたが、メンバーレベルも低かったのであの競馬が出来て当然なのかもしれません。

 

 

ローカル開催ということもありましたがメンバーレベルが低かったので評価しにくいレースになりました。出遅れてもスローな展開だったのでカバー出来るレース内容でした。レースの走破時計や上りのタイムを見ても遅かったのであまり評価出来ません。4着までに入った馬は勝ち馬と同じような評価をしても良いかもしれませんが、5着以下は時計面を考えてもこの先厳しいキャリアになるのは間違いないでしょう。


PAGE TOP