【新馬戦】幼さは残るが将来性十分のダノンキングダムがデビュー勝ち!!【2016年12月11日】

競馬サイト

【馬名】  ダノンキングダム(牡2)

【日時】  12月11日(日)

【レース】 中京5R 芝2000m

【期待度】 ★★☆☆☆☆☆ 【1000万級】

【適正距離】1800m~2400m

【適正】  芝

【父馬】  ステイゴールド

【母馬】  ヴィヤダーナ

【調教師】 安田隆行(栗東)

【短評】

良血馬らしい馬格の良い馬体で気合も乗っている486㎏の馬体でした。半兄には重賞好走馬のダノンメジャーがいます。スタートこそふらついたスタートで出遅れましたが、良血馬らしい競馬を見せてくれました。まだまだ若さが目立つ競馬でしたが将来性はありそうです。今回は相手関係にも恵まれたので次走以降で真の評価が出来そうです。

 

 

こんにちは、新馬を斬る!虎徹です。

 

 

レースの総評としては、スタートは少しふらついたスタートで出遅れて後方からの競馬になりました。1000mの通過タイムが1:05.1のスローペースだったのでそこまで影響がありませんでした。道中は幼さを見せながらも徐々に着順を上げていきました。4コーナーでは少しブレーキを掛ける仕草があったのでトップスピードに直線には侵入出来ていませんが、直線ではフラフラしながらも先頭を走る馬を差し切りました。勝ち時計は2:04.8でした。

 

 

スタートからゴールするまで終始幼さが見え隠れするレースでした。出遅れはレース全体のペースが遅かったので問題ありませんでしたが、最後はフラフラしながらも差し切って最後は追撃を交わしていたので良血馬らしい強い内容でのレースだったのではないでしょうか。

 

 

ただメンバーレベルがそこまで抜けた馬がいないだけにもう少し圧勝劇があっても良かったのではないでしょうか。終始幼さを見せていたので大人になるまでに時間が掛かるのではないでしょうか。将来性はありそうですが、すぐに通用するかは正直判断し難いところです。

 

 

2着馬スズカアカデミーは独自のペースで逃げたので次走以降はこんな楽な競馬は出来ないのではないでしょうか。3着馬テイエムグルービーは最後に34.5秒の良い末脚を見せてくれたので展開が嵌まれば未勝利戦でも面白い競馬を見せてくれそうです。


PAGE TOP