【新馬戦】波乱の立役者エルヴス10番人気ながらデビュー勝ち!!【2016年12月11日】

競馬サイト

【馬名】  エルヴス(牝2)

【日時】  12月11日(日)

【レース】 中山6R ダート1200m

【期待度】 ★☆☆☆☆☆☆ 【500万級】

【適正距離】1000m~1400m

【適正】  ダート

【父馬】  トラセンド

【母馬】  サンダークラップ

【調教師】 田島俊明(美浦)

【短評】

メンバーレベル的に小粒だったので評価としては高くありませんが、逃げながら直線でも衰えない脚は見ていて気持ち良いものでした。まだまだ余裕のある馬体だったのでさらに成長すれば面白そうな馬です。10番人気の馬だったので波乱の立役者となりました。

 

 

こんにちは、新馬を斬る!虎徹です。

 

 

レースの総評としては、ゲートの出も良くて行き脚も良かったのでポンと出るとそのままハナを奪いリズム良く逃げの展開を作りました。道中は折り合いを欠くことなくリズムよくラップを刻みました。4コーナーでも抜群の手応えで直線に迎えると、メンバー2位の上り3F38.4秒の脚で直線を駆け抜けました。逃げてこの脚で上がられると他の馬には厳しい展開になったでしょう。終始ハナを譲ることなくリズム良く終始走っていました。勝ち時計は1:13.8でした。

 

 

スタートセンスが非常に高い馬であのスタートで一気にレースを決めた印象です。1頭だけスタートダッシュが違うかったので楽にハナを主張出来ました。その後は自分のリズムでしっかり逃げながら上りも鋭い末脚を見せたのでこの脚では他馬には厳しい直線になったのではないでしょうか。前半3F35.4秒で後半3F38.4秒なのでかなり厳しい流れになったのではないでしょうか。

 

 

上位人気が馬券に絡めず、掲示板に絡んだのは1番人気だけだったのでメンバーレベルに疑問を持たざる得ません。上位入線馬は全て前で競馬をしていた馬なので展開でレースが決まったと言ってもいいのではないでしょうか。

 

 

次走はここまで簡単な競馬は出来ないでしょうから厳しい競馬になるでしょう。揉まれた展開になっても対応出来れば評価を上げてもいいのではないでしょうか。未勝利戦に回るメンバーで展開に泣かされたメンバーは見直しが必要なのではないでしょうか。


PAGE TOP