【新馬戦】逃げと壮絶な叩きを制したアイアンテーラー!【2016年10月1日】

競馬サイト

こんにちは、新馬を斬る!虎徹です。

 

秋GⅠの始まりを告げる【スプリンターズステークス】が行われました。1番人気のビックアーサーが12着と予想外の結果になりました。春のスプリント王を決める高松宮記念で勝利してもちろんこの舞台でも注目されていました。メンバーの中で唯一春秋連覇が掛かっていたので注目されていましたが、枠順が発表されてから賛否両論の餌食になりました。最内枠で逃げないとなると裁けないのではないかという予想が多く見られましたがその通りになりました。

 

 

逆に上手く流れに乗って競馬をしていたのは勝ち馬のレッドファルクスでした。展開的にベストなポジションをとっていましたが、騎手のレベルの差を感じました。大舞台になるとM・デムーロ騎手は本領を発揮しますね。馬を信じて馬の力を最大限生かしていた乗り方だと思います。スローの展開にになったので一概には言えませんが、スプリント路線は来年もかなり難解なレースになりそうです。

 

 

今回の記事では土曜日に行われた残りの新馬戦の解雇をしていきます。最後のレースは阪神6Rなのですが、阪神5Rは同着と珍し結果になりましたが阪神6Rの新馬戦はどうなったのでしょうか。それでは日曜日阪神の新馬戦回顧です。

 

 

【馬名】  アイアンテーラー(牝2)

【日時】  10月1日(土)

【レース】 阪神6R ダート1800m

【期待度】 ★★★☆☆☆☆ 【1600万級】

【適正距離】1600m~2000m

【適正】  ダート

【父馬】  ゴールドアリュール

【母馬】  オータムブリーズ

【調教師】 飯田雄三(栗東)

【短評】

時計が出る馬場でしたがそれでも優秀な時計でした。調教の時計も良く、血統的にも良いので当たり前の結果かも知れませんが内容的には強かったです。馬体はしっかり出来上がっていたのでこれ以上の上積みは感じられません。次戦以降も同じような競馬が出来ればさらに評価を上げる必要がありそうです。

 

 

レースの総評としては、スタートも上手い馬でしたが二の脚も早い馬なのですんなりとハナに立ちました。自分のリズムで飛ばすような形になりましたが、1000mの通過タイムが1:01.9なのでそこまで早くない逃げでした。直線侵入後は後続を引き離してハナを行った2頭の壮絶な叩き合いになりました。勝ち時計は1:52.8でした。

 

 

パドックでも高気配を見せていて460㎏の馬体でしたがかなり良く見せていました。一度も揉まれることなく逃げたのでいろいろな課題は残りますが強い競馬の内容でした。最後の叩き合いを見ても勝負根性がある馬なので今後が楽しみです。

 

 

ただメンバーレベルがそこまで高くないのは時計を見て判断出来ます。道中も楽に逃げれたので揉まれたらどうなのか不透明なところです。次戦以降も同じような競馬で勝利することが出来れば良いところまで行けそうだと睨んでいます。


PAGE TOP