京都新聞杯2018 最終予想◎シャルドネゴールドをボウマン騎手が導く

公開日: 


 
TV・ラジオ解説を歴任【能勢俊介】の渾身予想を無料公開!
 

京都新聞杯の最終予想となります。

ダービーへの最期の登竜門ですね。
同日、東京ではこちらもダービートライアルのプリンシパルSも開催されます。

プリンシパルS◎サトノシリウスでいいかと思ってます。
単勝でいいでしょう。人気サイドで決まりそうですね。

では、京都新聞杯の最終予想といきましょう。

 

【メルマガ募集】フランケルJr.のここだけの話

5月6日(日)正午:新潟大賞典の最終予想発表!

※無料です。

フランケルJr.のここだけの話
http://frankelmagazine.com/
※登録完了通知が迷惑メールフォルダへ届いている可能性があります。

京都新聞杯

 

舞台は京都芝2200m。外回りを使用するコースです。

展開を考えるとケイティクレバーとタニノフランケルがレースを先導し、
中団差し馬が差し切る流れが想定されます。

追い切りを見る限りではタニノフランケルは2番手からの競馬でしょう。
追いかける形、前に馬を置いての長めの追い切りでした。

ケイティクレバーとタニノフランケルがハナを主張し合って、共倒れのパターンは考えにくいと感じます。

17頭立ての多頭数となり、前に行く馬はそれなりに人気サイド。
レースそのものは3コーナー手前から動き始め、下り坂のところではガシガシ各馬の手が動いているのではないでしょうか。

ロングスパートで、最後の消耗戦を踏ん張り切れるところに期待して、

◎15番シャルドネゴールド

この馬は脚をしっかり溜めればロングスパートが行けます。
前走は、川田の積極策が仇となった形で、川田を責める気はありませんが、失敗だったと言えます。

ボウマンに替って、我慢して追い出す、理想の競馬ができそうです。
外枠を得たので、無理して先団に付けることもないでしょうし、

馬なりのまま、中団追走、レースが動き始めてもグッと我慢。
4コーナー立ち上がりと同時に一気に勝負に出ると思います。

ジェネラーレウーノやエタリオウとの戦い方を見ると重賞で通用する下地はあります。
あとは騎乗一つ。ステイゴールド産駒で難しそうではありますが、ボウマンに期待ですね。

△1番フランツ
△3番レノヴァール
△5番タニノフランケル
△7番ケイティクレバー
△11番アルムフォルツ
△12番ユーキャンスマイル
△13番ステイフーリッシュ

相手は7頭とやや多くなりましたが、力差を感じるメンバーではありませんので、混戦と見て広くいきます。

馬券は単勝・馬連流し。

単勝:15番シャルドネゴールド
300円

馬連流し
軸馬:15番シャルドネゴールド
相手:1・3・5・7・11・12・13
7点@100円

1000円馬券はこの形で用意したいと思います。

以上、京都新聞杯の最終予想でした。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第23回 NHKマイルC(GI)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬、牝馬ともクラシック路線から外れた馬が多く、ステップとするレースも様々で、世間的には力関係を把握することは一筋縄ではいかないのが、GI・NHKマイルカップ。事実、過去10年で2桁人気馬が9頭も馬券に絡んでいる。今年のメンバーを見ても「抜けた馬がいる」と断言できる人間は少ないであろう。マスコミも、まず“混戦”と煽り立てることは目に見えている。

しかし、ハイセイコーの主戦騎手だった鉄人・増沢末夫、無敗の名馬マルゼンスキーの手綱を執った中野渡清一、2冠馬サクラスターオーを育て上げた平井雄二など、元調教師・元騎手などを始めとした競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者が『情報ルート』として在籍するシンクタンクは、そんな世間の“混戦”ムードには決して惑わされない情報力を有している。

例えば、世間ではラッキーライラックの一強と見られていた今年の桜花賞では「決して“一強”ではない」と断言し、アーモンドアイを確信の本命に指名。その結果は言わずもがな。どちらが“1強”であったかハッキリとわかる完勝劇を挙げている。

そして、今週のNHKマイルカップでは「鉄板級と言える軸馬が存在する」とのこと。

本来であれば、この手の情報を無料で公開することは避けねばならぬところだが、今回は特別も特別。シンクタンクの情報力を広く知っていただくために、NHKマイルカップ【3連単勝負馬券】の情報を、先着100名様限定で特別無料公開することが決定した。この機会に、当社の”本物の情報力”を是非とも体感して欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第23回 NHKマイルC(GI)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

京都新聞杯

━━━━━━━━━━━━

シェアありがとうございます

  • Pocket
 
TV・ラジオ解説を歴任【能勢俊介】の渾身予想を無料公開!
 

Your Message


口コミで話題騒然の競馬予想サイト


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】競馬報道
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://keibahoudou.com/
【おすすめポイント】
『競馬報道』はは8割の方が儲かると実感中!無料情報で毎日楽しく稼げちゃう!今なら無料で万馬券の大チャンス!!
無料情報でご案内する買い目でまずは的中を手にして下さい。

競馬報道が支持される理由とは?


①的中率が80%以上の精度!
②買い目は前日公開だから安心!
③厳選した3連単小点数でお届け!
④プロの精鋭が予想するので高配当の穴馬がわかる!

【第1位】競馬劇場
【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://keiba-gekijo.com/
【おすすめポイント】
なぜ「競馬劇場」が支持されるのか?
■専属契約「馬券師」の充実、社台とのパイプは業界一!
■毎週「100%真実」のみをお届けする結果速報メール!
■「3連単情報」に特化、毎週のどれかのコースで的中継続中
■漫画で分かりやすく「競馬・馬券」を解説!
以上より、競馬初心者から上級者まで幅広い層から支持を受けてます。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第1位」に認定します。

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/
【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】競馬大陸
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】https://www.kb-tairiku.net/
【おすすめポイント】
『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。



この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!


  • 競馬予想

  • スポンサーリンク

  • ブログ村トラコミュ

  • カテゴリー

  • 圧倒的競馬予想【無料】

  • 管理人ダビスタにハマるwww

    ダービースタリオンマスターズ

    <ダービースタリオンマスターズ>
    ・無料で遊べる
    ・馬主体験ができる
    ・最強馬を育成しよう

    -iOS版-は→こちら

    -Android版-は→こちら

  • 無課金でも「かなり楽しめる」競馬ゲームww

    <ダービーインパクト>
    ・無課金でもかなり楽しめる
    ・グラフィックがきれい
    ・馬名や騎手に実名を使用しているためリアル

    -iOS版-は→こちら

    -Android版は-→こちら

PAGE TOP ↑