【新馬戦】血統馬スターカットダイヤがノーステッキでデビュー勝ち!!【2016年12月11日】

競馬サイト

【馬名】  スターカットダイヤ(牡2)

【日時】  12月11日(日)

【レース】 阪神6R ダート1200m

【期待度】 ★☆☆☆☆☆☆ 【500万級】

【適正距離】1000m~1400m

【適正】  ダート

【父馬】  ダイワメジャー

【母馬】  ローズカットダイヤ

【調教師】 平田修(栗東)

【短評】

少し太目残りの印象を受けましたが、馬格が良い460㎏の馬体でした。レース内容も非常に良く終始余裕の競馬でした。メンバーレベルが低かったせいもありそうですが、まだまだ余裕があった分叩いた上積みがあると思うので次走がこの馬の本当のレースぶりかも知れません。血統的にもダートでも通用するので将来が楽しみです。

 

 

こんにちは、新馬を斬る!虎徹です。

 

 

レースの総評としては、ゲートの出も良くて外目3番手のポジションにつけました。道中は折り合いを欠くことなくスムーズでポジションを落とすことなく追走していました。抜群の手応えで直線を迎えると、軽く追っただけであっさりと逃げようとした馬を捉え抜けだしました。そのあともステッキは使わずに後続との差を広げる競馬をしてくれました。最後は流しての入線で2着馬に3.5馬身の差をつける競馬をしたので圧勝ではないでしょうか。勝ち時計は1:13.4でした。

 

 

スタートは良かったのですが枠が外枠になったので無理にハナを奪う競馬はしませんでしたが、終始外を回されるロスな競馬をしていたので厳しいレースだったと思います。もう少し揉まれる競馬を経験してほしかったのですが、ロスのある競馬をしながら最後の直線ではノーステッキなので能力が違う競馬だったのではないでしょうか。

 

 

メンバーレベルがやや小粒だったので評価としてはし辛い部分もあります。さらに首の使い方がまだまだだったので少し無駄使いをしている感じのレースでした。馬格的には芝に向いていないので、その辺りを修正することが出来ればダートでも面白い馬なのではないでしょうか。次走は今回叩いた分さらに良くなると思うので、どのような走りをするのか注目したいです。


PAGE TOP