小倉記念2018枠順確定|データ分析 トリオンフは勝てない?!

公開日:  最終更新日:2018/12/12


   

今週からオーストラリアのアヴドゥラ騎手が来日ですね。
小倉をメインで使うということですので、注目していきましょう。

早速小倉記念ではストロングタイタンに騎乗です。
鳴尾記念は見事な勝ち方、有力馬の手綱捌きを見させてもらいましょう。

枠順が発表されました。12頭立てですね。

1枠1番キョウヘイ牡4 55.0 高倉
2枠2番レイホーロマンス牝5 51.0 北村友
3枠3番ストーンウェア牡6 54.0 蛯名
4枠4番ストロングタイタン牡5 57.0 B.アヴドゥラ
5枠5番キンショーユキヒメ牝5 54.0 秋山
5枠6番マイネルサージュ牡6 56.0 和田
6枠7番マウントゴールド牡5 54.0 浜中
6枠8番メドウラーク牡7 56.0 丸田
7枠9番エーティーサンダー牡5 51.0 荻野
7枠10番サトノクロニクル牡4 57.0 M.デムーロ
8枠11番トリオンフセ4 57.0 武豊
8枠12番サンマルティンセ6 56.0 池添

枠別の傾向です。
1枠[0-0-2-12/14]
2枠[2-0-2-12/16]
3枠[3-1-1-12/17]
4枠[0-1-1-16/18]
5枠[0-4-1-14/19]
6枠[1-3-0-16/20]
7枠[1-0-1-21/23]
8枠[3-1-2-18/24]

ここ2年が12頭・13頭立てのレースで2枠3枠が勝利しています。
内の2枠3枠を勝ち馬におきつつ、2着には中枠の3-6枠くらいが良さそうです。

展開的には外枠トリオンフが行くでしょうから、
楽に活かせるとそのままイッタイッタも注意しないといけないですね。

基本は中団差しだと思います。

データをチェックしていきましょう
JRA公式サイトを参照しながらデータを見ていきます。

 

小倉記念 データ分析

1、年齢

小倉記念

過去10年の年齢別の傾向ですが、4歳5歳は順当として7歳の活躍が目に留まります。
7歳は前走七夕賞で勝利したメドウラークのみです。
天気は晴れそうですが、もう一度高配当を演出するのでしょうか。

 

2、同年オープンクラスで7着以内

小倉記念

過去10年の傾向で、3着以内馬30頭中25頭は同年のオープンクラスで7着以内に入った経験がありました。
7着以内なので、基本的には条件戦からの上がり馬よりはオープンで既にソコソコ走っている馬を狙いましょう、ということですね。
この経験がなかった馬については、5歳以下の上がり馬が条件で、6歳以上では出番はないですね。
と思ったら、全頭どちらかには該当しますね。オープンで7着以内をピックアップしておきます。

同年OPクラスで7着以内:
キョウヘイ
レイホーロマンス
ストーンウェア
ストロングタイタン
キンショーユキヒメ
マイネルサージュ
メドウラーク
サトノクロニクル
トリオンフ
サンマルティン

 

3、前走条件

小倉記念

過去10年の前走条件別の傾向です。
七夕賞と函館記念からはソコソコ。それ以外の重賞でまずまず。
重賞以外のレースはほどほどですね。何が結論なのかさっぱり見えませんが(汗
一番良績の七夕賞函館記念以外の重賞をピックアップしましょう。

対象馬:
ストロングタイタン
サトノクロニクル
トリオンフ

 

4、前年以降重賞と同年OPクラスで6着以内

小倉記念

過去4年の勝ち馬に共通する傾向です。
まずは前年以降の重賞で6着以内、そして今年のOPクラスで6着以内と2年間それなりに活躍している馬が勝っています。

対象馬:
キョウヘイ(シンザン記念・都大路S)
ストロングタイタン(小倉大賞典・鳴尾記念)
キンショーユキヒメ(府中牝馬S・福島牝馬S)
メドウラーク(阪急杯・七夕賞)
サトノクロニクル(チャレンジC・阪神大賞典)
サンマルティン(小倉記念・都大路S)

以上4項目を見ていきいました。
満点回答は、

ストロングタイタン
サトノクロニクル

この2頭となります。

トリオンフが最後の勝ち馬の条件を満たせなかったので、そこがポイントになりそうですね。

しかし荒れる予感しかしません。どこから買ったらいいのか、見えないですね(汗

勝ちすぎて競馬税金裁判に呼ばれるかも?!

競馬を「投資」で行っている場合に限り、
「外れ馬券」も経費に算入できる判例もできました。

例の大阪の投資家は2005年から5年間での運用でした。
裁判は2015年に判決が出されましたが、

あれから3年。
同様のソフトを開発する人は、後を絶ちません。

それらを利用するポータルサイトが完成しました。

rerace(リレース)

競馬を投資に

叡智を結集したrerace(リレース)にて、
あなたもホンモノの投資競馬をご堪能ください。

小倉記念

 

 

シェアありがとうございます

  • Pocket
   

Your Message


口コミで話題騒然の競馬予想サイト


昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂】KEIBA会議
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://www.raceweb.jp/
【おすすめポイント】
当たらない競馬情報に一人で頭を抱えるのはもう終わり!
「KEIBA会議」はユーザー同士の交流をテーマにした全く新しい競馬情報サイトです。今なら新規会員登録でポイント10000円分プレゼント!

KEIBA会議がが支持される理由とは?


①ハイレベルな情報を提供し続けるサイトであること
②情報の透明度が高い状態をキープすること
③会員様一人一人にまで行き届くサポート体制を取ること
これら3つの柱を元に、KEIBA会議は、今までもそしてこれからも、信頼を勝ち取り続けまっした。

透明度の高い情報と真っ向から向き合い唯一無二のチャンスを掴み取りましょう!

 

【第1位】THE・万馬券
【おすすめ度】★★★★★★★★★★
【URL】http://www.baz-horse.com/
【おすすめポイント】
『THE・万馬券』は「勉強不要!才能不要!スキル不要!」競馬初心者でも簡単に万馬券をゲット!!
無料情報でご案内する買い目でまずは的中を手にして下さい。

THE・万馬券が支持される理由とは?


①1レース当たりの予算平均5000円!
②100名在籍の多岐に渡る情報網がスゴイ!
③コンサルタントによる万馬券獲得1on1サポート!
④無料コンテンツも充実!

【第2位】ターフビジョン
【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://tr-vision.net/
【おすすめポイント】
圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。
無料予想も有料予想も両方凄い為、「第2位」に認定します。

【第3位】競馬大陸
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】https://www.kb-tairiku.net/
【おすすめポイント】
『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

 

この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。

それでは!

  • 競馬予想

  • スポンサーリンク

  • ブログ村トラコミュ

  • カテゴリー

  • 圧倒的競馬予想【無料】

  • 管理人ダビスタにハマるwww

    ダービースタリオンマスターズ

    <ダービースタリオンマスターズ>
    ・無料で遊べる
    ・馬主体験ができる
    ・最強馬を育成しよう

    -iOS版-は→こちら

    -Android版-は→こちら

  • 無課金でも「かなり楽しめる」競馬ゲームww

    <ダービーインパクト>
    ・無課金でもかなり楽しめる
    ・グラフィックがきれい
    ・馬名や騎手に実名を使用しているためリアル

    -iOS版-は→こちら

    -Android版は-→こちら

PAGE TOP ↑